東海市でインプラント治療を行うなら小島歯科室過去に3000本以上の痛くないインプラントを埋入し多くの東海市、その周辺の患者様に喜ばれております。院長小島は東京医科歯科大学インプラント科非常勤講師で安心のインプラントで保証10年をいたします。 短期間、無痛、感染予防などインプラント治療に関する事は患者様のためにすべてを行います。骨がなくてインプラントを断られた方も小島歯科室では大丈夫です。インプラント治療前のCT撮影を含む検査・診断・カウンセリング(通常30000円)を無料で受けられます。(患者様によっては、細菌検査も含みます)

インプラント治療についてこんなことでお悩みではありませんか?痛くないインプラントを受けたい・・・インプラントの説明をしっかりとしてくれる歯医者を探している・・・技術力の高いインプラント手術をしてほしい・・・歯を抜かないといけない・・・歯が抜けて放置しているのを人に見られるのが恥ずかしい・・・他の医院でインプラントを断られた・・・一つでも当てはまれば、小島歯科室へお越し下さい。あなたに満足して頂けるインプラント治療を提供します。

だから、選ばれています ココ歯科クリニックの5つの特徴

痛くないインプラント治療が可能です

痛くないインプラント治療が可能です

インプラント手術中は、「笑気(しょうき)ガス」を鼻から吸いながら行っています。
沈静・鎮痛作用があり、副作用がなく安全な麻酔薬になります。
吸入してから2~3分程度で効果が現れ、フワフワと心地よい気分になります。
終了後は、5分程でガスの効果が切れるので、帰宅・仕事等に影響はありません。

インプラント手術は現在、無痛で行うことが可能です。
(術後に、麻酔が切れてからは多少のお痛みはあります)

静脈鎮静による無痛インプラント手術も可能です。
とにかく痛くないインプラントをご希望の患者様に好評です。

ご高齢の方からのご相談も受け付けております

「もうこの年だし・・・」とあきらめている60歳以降の方にも
インプラント治療は可能です。

噛む機能は脳が刺激され、脳の働きに大きな影響を与えていると考えられています。
健康な高齢者のお口の中には平均して14.9本の歯が残っているのに対して、
痴呆の疑いがもたれた55人のお口の中には平均9.4本しか歯が残っていなかった
という研究結果もあります。

新しいご自分の歯でこれからの人生の楽しさを!
年齢を理由にあきらめる前に一度ぜひご相談下さい。

ご高齢の方からのご相談も受け付けております

無料のカウンセリングで詳しく説明しております

無料のカウンセリングで詳しく説明しております

当院では、カウンセリングスタッフが患者様の疑問や不安をしっかりと伺います。
ご納得頂いた上で、インプラントをさせて頂いています。

院長だけでなく、他のスタッフもカウンセリングができますので、
お気軽にお問い合わせ下さい。

安心の保証期間を設けております(※ 条件有り)

安心の保証期間を設けております(※ 条件有り)

当院ではインプラント手術を受けられた患者様には、
3ヶ月毎の定期健診をお勧めしています。

定期健診をきちんと受けて頂いた患者様に限りますが、
インプラント保証を最長10年間しています。

詳しくは、お気軽にお尋ね下さい。

インプラント専門の個室で手術をします

インプラント専門の個室で手術をします

空気をきれいにする設備が整っており、衛生的にも安全な環境です。
また、インプラント専用ライトなど設備も充実しております。

プライバシーもしっかり確保し、
ゆったりリラックスした状態でインプラント手術に臨むことができます。

人体に優しいチタン製のインプラントを使用しています

人体に優しいチタン製のインプラントを使用しています

本来、人体には人間の体以外の「異物」を排除しようという習性がありますが、
チタンに関しては排除しようとせず、「生体親和性」というものがあり、
体の細胞がチタンの上に増殖でき、結合することができるのです。

インプラント自体にもいくつか種類がありますが、その症例によって、
どれを使うのが一番良いかを患者様と相談しながら、判断しております。

他院では行っていない最新の技術があります

他院では行っていない最新の技術があります

インプラントは経験がその成功を左右します。
当院では過去に3000本以上のインプラントを埋入しております。

院長・小島は、日本口腔インプラント学会、日本ティップエッジ学会に所属し
常に最新、安全なインプラント治療を提供するよう、日々努めております。

また、東京医科歯科大学インプラント科の非常勤講師も務め、
学生に安全なインプラント治療を伝えております。

高い技術力を持つ小島だからこそ
インプラント治療期間を短縮できる技術や少ない骨を増やす色々な方法など
様々な症例にも対応可能です。

たくさんの患者様にご満足頂いております。
ご安心下さい。

インプラント治療時に消毒力のあるオゾン水を利用しています

インプラント治療時に消毒力のあるオゾン水を利用しています

昨今、感染に対する患者様の関心も高まっており、
インプラント手術時の院内感染予防対策が求められています。

現在医療機関の器具滅菌で行われている塩素系の薬剤が主流です。
しかし、これらの薬剤はアレルギーや発がん性などの
健康への影響が懸念されています。

当院で使用しているオゾン洗浄機は、オゾン水により多くの菌を無害化でき、
耐性菌を作り出さない環境に優しいシステムです。
また、薬品ではありませんので、アレルギー等健康への影響もありません。

手術時に、患者様とスタッフの安全を確保することで、
安心して治療を受けて頂くことができます。

インプラントに大敵な歯周病菌検査を実施しています

インプラントに大敵な歯周病菌検査を実施しています

インプラントに歯周病菌は大敵です。
歯周病菌がいるか、いないかによって、インプラントの予後(長持ち)が変わります。

唾液等を採取して、専門の検査機関に送ります。
歯周病菌の種類、多さを詳しく検査していきます。
歯周病菌がいた場合、歯周病菌を除菌するお薬・専用のスプレーを処方していきます。お口の中の環境をよりよい状態にしていきます。

採血・CGF(Concentrated Growth Factors)を行います

採血・CGF(Concentrated Growth Factors)を行います

通常、怪我をして血管が破れると、その血管の穴を埋めるために
血液中の凝固因子が刺激されてフィブリンという物質が形成され、
傷口をふさいで出血を止め傷の治りを促進します。

CGFとは、患者様ご本人様から採血された血液を、
Medifugeという遠心分離機にかけて人工的に作製する、
完全自己血液由来のフィブリンゲルです。

損傷された組織の再生・治癒に働く「成長因子」を多く含んだ
血小板がさらに濃縮されています。

【CGFのメリット】
①手術後の痛みを少なく、そして傷の治りを早くする
②血小板・成長因子が豊富に含まれた、完全自己血液由来のフィブリンゲルのため、
骨の少ない所に使用すると、その再生が早くなる
③そのため、治癒期間が短縮する

歯科用CTを完備しています

歯科用CTを完備しています

顎の骨の厚み、どこにインプラントを入れればいいかを調べます。
顎の中には様々な神経が存在します。
適切な位置にインプラントを埋入するために、CTによる3D画像で検査をしていきます。

インプラントの滅菌で接着力の上昇をはかります

インプラントの滅菌で接着力の上昇をはかります

インプラント本体と顎の骨の接触率は、
インプラントがどれだけ長く持つかとても重要なことです。
現在の接触率は、約60%といわれています。
その原因がメーカーから取り寄せた新品のインプラントを入れていますが、
製造から数ヶ月経過している場合があります。

この時間経過がインプラントの「老化」につながっています。

この問題を解決させるため、当院では、
光機能化技術 セラビーム アフィニー(TheraBeam Affiny)を採用しています。

この機器を使い、インプラント表面をタンパク質や細胞が
なじみやすい状態にすることで接触率を100%にし、
インプラントと骨との定着率を上げ、インプラントが早くなじむようになります。
接着力は、通常の4倍に上昇しました。

院長のご紹介

小島 利文(こじま としふみ)

[経歴]
愛知県東海市出身
東海市立一番畑保育園
東海市立緑陽小学校
東海市立名和中学校
愛知県立横須賀高校 卒業
国立東京医科歯科大学 卒業
同大学病院歯科 第二補綴科勤務
東海市太田川にて開業
東京医科歯科大学インプラント科非常勤
日本ティップエッジ矯正学会理事・インストラクター
小島 利文(こじま としふみ)
趣味
映画・スポーツ・国内旅行・読書
好きな食べ物
カレー・和食・中華料理
休日の過ごし方
旅行・漫画喫茶・ウインドウショッピング
大切にしてるもの
親・妻・子供・スタッフ
モットー
相手のために自分は何ができるか
所属
東海青年会議所(JC)OB・東海ライオンズクラブメンバー・東海市立名和小学校校医
東海市立横須賀保育園元校医・知多広域連合介護審査員(元)・東海市立船島小学校元PTA会長
東海市富木島町コア富木島会員・東海市富木島町同志会会員・東海市歯科医師会会員
院長からのメッセージ

小島歯科室では、「患者様に自分の歯を取り戻し、豊かな生活を手にしてほしい!」と願っています。

あなたは歯を失ったことで、何を失ってしまいましたか?

自分の歯にかなう物というのは存在しません。
自分の歯が一番なのです。

歯を失ってしまったことで、それまでの生活で当たり前のように手にしていた何かを
失くしてしまっているかもしれません。

それは、「好きなものを好きなだけ食べられる」「人の目を気にせず、大きな口をあけて、大声で笑う」
というような、若いころには当たり前だと思っていたことばかりかもしれません。

しかし、こんな当たり前のことが、当たり前でなくなったとき、いかにそれが大切だったか、
いかに価値のあるものだったか、いかに生活が豊かだったのかを感じられるのではないでしょうか。

小島歯科室は、愛知の地で少しでも多くの方々に豊かな生活を手にするお手伝いを
インプラントという治療を通して、行っていくことができればと思っております。

しかし、不安を感じている方も多いと思います。

少しでも多くの方々の不安が解消され、生活の豊かさを手にする第一歩を踏み出すきっかけに、
私たち「小島歯科室」がなることができれば幸いです。

患者様との写真

患者様との写真

医院紹介

画像
画像
画像
画像
画像
アクセス
小島歯科室

〒476-0012 愛知県東海市富木島町伏見2-24-10
[電車] 名鉄太田川駅下車、知多バス上野台行・姫島下車、徒歩10分弱
[車] 県道55号線、「伏見二丁目」交差点すぐ(十六銀行隣り)
正面7台(うち障害者用1台)裏12台完備

よくいただく質問

インプラント治療の適応年齢はありますか?

回答

18歳以上の年齢であればインプラント治療は可能です。
お気軽にご相談下さい。(小島)

聞いたことはあるけどよく分からないのですが・・・

回答

個室でのインプラント無料カウンセリングを実施しています。

お気軽にお申し出下さい。

また、 「医院に行って相談したいんだけど、まだそこまで決めれない」という方は、 当院の院長 小島が室長を務める「愛知インプラント相談室」をご利用下さい。(小島)

無料電話相談 ⇒ 052-601-8001 無料メール相談 ⇒ smile@kojimashika.com

インプラントは一度治療をすると一生持つのでしょうか?

回答

一生持つとは限りません。
大抵10年以上持つこと方がほとんどですが、手入れが大きく関わってきます。
普通に治療した自分の歯でも、手入れを怠れば数年で悪くなることがあります。
定期的なメインテナンス・クリーニングを受けることをお願いしています。(小島)

歯周病なのですが、インプラント治療は可能なのでしょうか?

回答

インプラント治療を受けたいのであれば、まず、歯周病を改善することです。
歯周病は、治療を受ければ改善します。定期的に予防処置を受けに通うことが重要。
一方、歯周病を放置したままインプラント治療を進めていくと、
インプラント周りの骨がやせて脱落の原因になることがあります。(小島)

インプラント治療を受けたいのですが、痛みや腫れが心配です・・・

回答

そうですね、痛み・腫れが恐くて、インプラント治療にふみこめないという人がいます。

痛み・腫れをおさえるために、
副腎皮質ステロイド薬の注射や飲み薬があり、効果が大きいです。

また鼻から吸う笑気麻酔も不安・痛みをとりのぞきます。 痛み、腫れを抑える様々な静脈内沈静法などありますので、 自分に合った方法をご相談して下さい。(小島)

インプラントは骨にくっつくのにどれくらいの期間がかかりますか?

回答

早い場合2ヶ月ほどです。
インプラントの表面機能の向上により、より早く骨を結合するように進化してきています。
患者様自体の骨の代謝の違いがあり、遅い場合、6ヶ月~10ヶ月ということもあります。
特に全身疾患、糖尿病にかかっている場合など、
どうしても通常より期間がかかります。(小島)

インプラントは人工金属なので、歯周病や虫歯にはならないのですか?

回答

インプラントは人工物ですので、虫歯になることはありません。

しかし、インプラントの周りには歯茎がくっついています。
この歯茎が歯周病のように腫れたりすることがありますので、
歯みがきの手入れは、普通の歯と同じように大切となってきます。
手入れを怠るとインプラントが抜けてくることもあります。(小島)

インプラントの完成までの間、仮り歯は入れますか?

回答

インプラントが骨に安定するまでの間、仮り歯を入れることがあります。

目的は、前歯で見た目をカバーする、奥歯でインプラントを守る、
咬み合わせがないためなどです。

清掃性を考え、仮り歯を入れないことも多いです。(小島)

部分入れ歯とインプラントでは咬む力は違いますか?

回答

自分の歯で咬む力を10とするとインプラントの咬む力はほぼ、10に近いです。
部分入れ歯ではそれに対し6~4ぐらいの力です。
しっかりと強く咬めることを重視する場合、インプラントを応用するとよいでしょう。(小島)

インプラント治療は医療費控除になりますか?

回答

医療費控除の対象となります。
1年間に支払った医療費をすべてまとめて下さい。
これらを翌年の3月に還付確定申告で医療費控除の手続きを行って下さい。

また、生計を一にした家族の医療費も一緒に扱うことができます。
詳しくは会計士等にご相談下さい。(小島)

金属アレルギーは大丈夫ですか?

回答

インプラント治療は、チタンという金属を使います。
チタンは、人工関節や骨折のネジ止めにも使われている金属で
体内に広く安全に使われています。

どうしても心配な場合は皮膚科で
金属アレルギー検査パッチテストを受ける方法もあります。(小島)

インプラントを入れると、自分の残っている歯は長持ちするのでしょうか?

回答

インプラントを入れることにより、今まで少ない本数で無理して噛んでいたものが、
しっかりとしたインプラントを入れることにより、負担が減ります。

もうこれ以上、自分の歯の本数を減らさないために、
インプラントで補ってやることは、とても有効な方法です。(小島)

総入れ歯をしていますが、インプラントをすれば、もっと安定しますか?

回答

総入れ歯の人の場合、歯のないところすべてに
インプラントを入れると大変ですので、4本インプラントを入れます。
その上に磁石をつけて入れ歯を安定させます。(小島)

インプラントをしたいが、悪い歯を抜いてしまうと一時的に歯がなくなって格好悪いです。
前歯だけでもどうにかなりませんか?

回答

ミニインプラントを用いた仮り歯の固定でよいでしょう。
特に前歯は歯なしでは恥ずかしいという人は、
ミニインプラントを用いて仮り歯を入れられます。(小島))

インプラント治療は治療期間がとても長く半年以上かかると聞きましたが?

回答

アゴの骨の条件がよい場合、2ヶ月で歯を入れることも可能です。
当院ではオペ時にインプラントを専用器械で炭化除去処理(インプラント専用滅菌器)を行い、
4倍のくっつき力を出して行います。(小島)

総入れ歯を使っていますが、 インプラントを入れてもっと咬めるようになりますか?

回答

インプラントを4本入れ、その上に磁石を用いる方法があります。
磁石を用いることにより総入れ歯は安定して咬みやすくなります。(小島)

インプラント治療を受けたいのですが、恐がりで迷っています。

回答

笑気麻酔や静脈鎮静などがおすすめです。
全身麻酔と違い、意識はあります。不安や痛みをやわらげて治療を受けられます。(小島)

インプラントで骨を削って大丈夫なんでしょうか?

回答

血管、神経、歯ぐきを巻き込まないで
骨を安全に削ることの出来る超音波器具を使います。(小島)

骨が少なくてもインプラントはできると聞いたのですが?

回答

骨が少ない場合、骨を増やしてインプラントを入れます。

(1)人工骨を使う場合
(2)自分の口の中の骨の多いところから移植する自家骨
(3)自分の血液を採取して成長因子を抽出する。

などの方法です。
(3)の方法が最もお勧めです。(小島)

歯がほとんどありません。インプラント、入れ歯どちらがよいですか?

回答

歯がほとんどない場合、すべてをインプラントで補うことも可能ですが、
2~4本程度のインプラントを入れて、その上に、入れ歯を固定するという方法もあります。

この方法だとインプラントの本数を少なくして、
かつ入れ歯を小さく設計できるので、お口の中が快適・楽です。(小島)

お電話でのご予約・お問い合わせ tel.052-601-8001
診療時間
9:00〜12:30

/

/

14:30~18:30

/

/

/

休診日
▲・・・土曜9:00-13:30 休診日・・・日・祝祭日・土曜午後
初診最終受付 18:00、土曜初診最終受付 13:00

© 小島歯科室インプラントサイト. All Right Reserved.